カラー・パーマ後のヘアケアの大切さ

                       「パーマ・カラー後のヘアケアの大切さ」

      

            トリートメントの大切さ

 

カラー・パーマをされているお客様の髪は主成分であるたんぱく質(ケラチン)が少なからず

失われています。その状態で繰り返しパーマ・カラーをすることにより一層失われて髪の水分

までも少なからず奪ってしまいます。ですから失われてしまったタンパク質と保湿成分でパサ

つきを補い中に閉じ込めてダメージを軽減させ思い通りのヘアスタイルに近づけるためにもサ

ロンで受けるプロのトリートメントは大切であると考えています。

 

             

             ホームケアの大切さ

 

髪は弱酸性。パーマ・カラー直後の髪はアルカリ性に傾きキューティクルが開いた状態なので

弱酸性に戻してあげないと色素や毛髪内部のたんぱく質(ケラチン)が流出しやすくなります

その結果、色落ち・ウェーブダウン・パサつきの原因に!! しかし、急激に戻すと変色やキ

シみが出てくるためサロンでは半分くらい(あくまでも目安)まで戻し、後はお家でのケア(

ホームケア)で戻してもらう必要があります ですから理容吉村ではサロンケア(お店)とホ

―ムケア(お家)の両立で次回来店時までのヘアコンディションを整えることが理想のヘアス

イル・ヘアケアに必要であり大切であると考えています。

 

 

             ホームケアの仕方

 

その: サロンケア ・・・・ パーマ・カラーリングのプレトリートメント

     ホームケア ・・・・ 専用シャンプー&トリートメントで髪ケア

                +アウトバス(洗い流さない)トリートメント

                (ハリ・コシ感or質感)

               ⇩

理想のパーマ・カラーリングそして次回来店時までのヘアコンディションを

整えて理想のヘアスタイルへと導きます。

 

その2:  サロンケア ・・ パーマ・カラーリングのプロフェッショナルトリートメント

      ホームケア ・・・・ 専用シャンプー&テクスチャートリートメントで髪ケア

                 +アウトバス(洗い流さない)トリートメント

                 (ハリ・コシ感or質感)

                  ⇩

理想のパーマ・カラーリング、トリートメント時の良い質感の持続、そして次回

来店時までのヘアコンディションを整えて理想のヘアスタイルへと導きます。